上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.01 白のブラウス
091201b.jpg

久々の洋裁ネタなのに、見づらい画像ですみません、ヘンなオーラでてます。
イコのブラウスを縫いました。

先日、園のお遊戯会のために襟付きの白いブラウスを指定されました。
これは縫うっきゃないでしょうと在庫をひっくり返して探しました、白い布。

091201c.jpg

どこで買ったかもわからない、刺繍のはいったかわいらしい布を選びました。
パターンはこちらの本から。



「丸衿ブラウス」120です。ぴったりでひやりとしました。
ひらりとした袖なので袖口にゴムを通して絞っています。
カフスをつけようかともちらりと思いましたが、久々の洋裁だったのでスルー。

091201d.jpg

リバティのバイヤスでふちどりしました。が、久々だったので(こればっかり)ガッタガター。
パターンはピンタックが前後身頃に入っていて、とってもかわいい!
カーディガンと合わせたい、少女のブラウスです。





肝心のおゆうぎ会本番。
年長からの転入でなかなか園になじめなかったイコなので、かなり心配していたのですが
とてもいい笑顔でおゆうぎをしていました。
『君の瞳に恋してる』に合わせて楽しくてたまんないのー!なんて笑顔で踊るイコ。
思い出すと、じんわり暖かい気持ちになる、最高の笑顔。
「腹がたったらあの顔を思い出すように」と夫(笑)

言わなかったけど、夫はたぶん泣いてました。
それぐらい、私達にも最高に嬉しいおゆうぎ会でした。










スポンサーサイト

091117h.jpg

窓からの景色もこんな日があるように。
冬が来ちゃいました。寒いーーー!
前に住んでいたところだと真冬ですよ真冬。気温一桁って。

初めての北海道生活、初めての冬という事で いろんな人にリサーチしましたが
もう何がいるのかいらないのかわからないまま買い物しちゃってます。散財です(泣)
自分の記録もかねて、ちょこちょこアップしようかなと。


1 ブーツ

091117.jpg   091117b.jpg

散々周囲に驚かれましたが、私、初ブーツです。
毎年ブーツ欲しいなあと思うのですが、気にいったものに出会わずに今まで過ごしていました。
エーグルのブーツは必需品!!と勧める方多数。
夫婦でお揃いです。せめて色は変えようとお互い違う色を似合う似合うと言い合う私達(笑)
もう一つはマーガレットハウエルの百貨店ライン(?)のもの。
驚いたのは底!


 091117w.jpg
   

     グラスファイバーで滑り止めが施されてます。
  
  頑張って!守ってー!

 

 

 

 



9月ぐらいに「冬でもこの靴っていける?」と履いていたバレエシューズを指差した時、
その質問を受けた友達は一瞬固まって大爆笑してました。
底を貼れば大丈夫?との質問にまたまた爆笑。
年中バレエシューズを履いていた私、プチパニックでした。
どんだけ寒いのよーと気が遠くなりました。

他にも買い物のたびに受けたカルチャーショック多数。
ぽちぽちと書いていこうかな。来年笑って見られるように。
想像もつかなかった冬は、もうそこまで来ています。





091116d.jpg

11月上旬の秋晴れの日に、鮭の人工授精体験に行って来ました。
ええ、鮭ブーム続いてます。



091116.jpg  

 

 

  右が雄、左が雌。メスのほうが顔が丸く、お腹がたぷたぷです。

  興味津々に見つめる姉妹。






 

 

 

091116b.jpg    メスのお腹を割いてイクラを取り出します。
   イコ、「死んじゃったの?かわいそう」と沈んでましたが
   だからこそちゃんと食べなきゃね、と話すと納得したようで
   鮭のお腹からイクラを指でかきだすという体験もしっかりやってました。    
   この後、雄の精子を絞ってかけるのですが
   姉妹はなんのこっちゃーという顔で見てました。
   そりゃそうだよね。




鮭、産卵のために川に帰ってくるところを海で捕まえられて、
その時はまだお腹の中で筋子状態。
(札幌ではスーパーで普通に筋子が売っていて驚いたのですが、
お料理上手のご近所さんの自家製のイクラのおいしさにもビックリ!)
川を上って上って、さあ産卵するぞーという時期になったらいわゆるイクラの状態になるそう。
他にも説明を聞けば聞くほど生命の神秘に感心しきり。面白かった!!


091116c.jpg 
  敷地内にある池の中につがいの鮭を発見!
  メス、一生懸命尾びれで底を掘ってました。
  オスは手持ち無沙汰にぷらぷらーと泳ぐばかり。
  産卵シーンが見たい!と30分ばかり見ていたけれど
  メスは延々砂利と格闘してました。
  写真にあるような大きな石も尾びれでどけちゃうんです。

 

 

 

姉妹の「まだーーーー。」の声に押されてしぶしぶ帰宅。
きっと夫と2人だったら延々見てたでしょう。
あー、本当面白かった!

この話を園バス仲間のママ達に熱弁したけど、反応薄。
やっぱり道民の人には当たり前なのかな。
私がこどもっぽいとの指摘も有り(笑) 

2009.10.23

091022.jpg

札幌で初めての秋を迎えました。
林の中に住んでいるからか、北国だからか、
今までより秋が深く感じられます。素敵ー。
ベランダからの景色も、秋です。

そして、秋といえば鮭!!
いってきました鮭の観察会。

091022b.jpg  シャー!!



市内を流れる川に、毎年帰ってくる天然の鮭。
この川では人工孵化による放流は行っていないそうで、びっくり。
普通に市内を流れる川で、観察会の場所も普通の住宅街の中の河川敷。
で、さらにビックリしたのは観察会付近で産卵していること!

イメージでは、鮭が産卵するのはそれこそもっと上流で、ヒグマと熱い戦いを広げているような。木彫りのあれです。
が。中流ぐらいでも産卵はガンガンやっていて、産卵しているであろう場所の探し方を教えてもらってから川をのぞくと、そこにもあそこにも。
うーん、ワンダーランド。

職員の方に聞く鮭の話はとてもおもしろい!
一匹のメスは畳一畳分ぐらいに数回に分けて卵を産むそう。
で、産みたくなったらスタンバイしてオスを待ち、争奪戦を勝ち抜いたオスが横にやってきて口をパクリと開けるそう。
それを合図にメスも口をパクリと開けて合図を返して産卵。(あれ、逆だったかな)
それで、さらに続けて産みそうならオスもそのまま寄り添うけれど、メスが続けて産む気配を見せなかったら産卵しそうなメスを探してふらーとそこに行ってしまうそう。

他にも「へーーーっ!!」と思うことたくさん!!
イコよりも心奪われた夫&私。
来月、鮭の人工授精体験に行って来ます!待てレポ!!(笑)


 091022c.jpg 鮭を見つめる姉と妹、結構楽しんでました。

 

 

 









090919b.jpg


「ジャッキーのパンやさん」

あ~~~んと泣くジャッキーの涙の理由がわからず
「なんでないてるの?なんでないてるの?」と繰り返すクコです。
そういえば、イコが今のクコ(2歳半)と同じぐらいの頃よく同じ質問をしてたなあ。

これがまた説明するのが難しい!
泣くのは痛かったりー怒られたりーの時だけの2歳児にどうしてうまく説明できよう、
嬉しかったり、恥ずかしかったりで出る涙の訳を。
いろいろと話をしてみるも????の様子。
そうしてまた、読むたびに必ずこの場面でひっかかる2歳児クコ。


ふと、今のイコならわかるのかもと聞いてみる。
「うん。わかるよ。」
と静かに答えるイコ。

そうか、もうわかるんだね。
おおきくなったね。




090919.jpg

 

 

そうそう、先日6歳の誕生日を迎えました。
元気で何より。


プレゼントはキックスケーターでした。
ビュンビューーーン!

 

 

 

 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。